新しい素材

今季注目の新素材。

 

その名も、「ウォッチフォブ」。

 

そもそもは懐中時計用チェーンの先に付けるアクセサリー。

シルバー925の板からハンドエングレーブで掘り出された芸術品です。

 

そして、これらはアンティークもしくはヴィンテージ品。現存するものは50~100年以上前に生産されたものです。

 

ハンドメイドであり、その歴史の古さ、技巧の精密さから言っても、現在横行しているような派手すぎるシルバーではなく、温かみの感じられるこういうものの方が、俺の作るアクセサリーの素材に最適だと感じています。

 

上の写真3つは、すでに個人輸入で購入済み。

これからアクセサリーに仕立てていきたいと思います。

 

ほかにもいくつか、オークションで出品されていますが、どれも高い・・・

 

もう一個落札して、作品にして販売に出してみようかと思ってますが、相応のお値段になりそうです。

 

今狙っているのは、コレ↓

 

見事な彫刻。

これからの季節にピッタリのヘキサゴン系シルバー。

 

絶対に人と被ることがないアクセサリー、1つ持ってみるのはいかがでしょうか。

また輸入したら、作品にしてアップしたいと思います。